桜雲会について

ご声援ありがとうございます。 さらなる新しいまなざしで

 情報提供施設として見つめてください

 社会福祉法人桜雲会は、1892年(明治25年)1月17日、東京盲唖学校の盲学生の同窓会として発足。1902年(明治35年)には今田束著「実用解剖学」全8巻が点字本として販売したことから、点字出版部が発足しました。  1930年(昭和5年)社団法人桜雲会となり、点字総合雑誌「むつぼしのひかり」を引き継ぐ一方、鍼按科の最初の教科書7タイトル16巻の販売、貸出が行なわれました。この貸出し業務は点字図書館事業の始めでもあったのです。  1952年(昭和27年)社会福祉法人桜雲会になり、現在に至る125年という情報支援を重ね、日本最古の医学書専門点字出版所として情報提供に邁進しています。  創立者故高橋豊治の「おいしい食事をすることより、貧しくても、患者から報酬なくとも、人から頼られる人、即ち人に愛される人に、人から喜んでもらえる人、即ち人の為になる人になりなさい」なる理念は、能力主義・競争主義社会の中でも変わることなく現在に引き継がれています。 障害者の働く施設として、盲学校生徒の実習施設、高齢者雇用推進施設として感性をとおして人間的なる生き方に共感する職員を集め、地域社会、海外交流と輪を広げています

さらなる支援をお願いします

点字出版事業

 桜雲会では、医学図書・一般教養図書の点訳出版をはじめ、視覚障害者の生活に密着したマニュアル書を作成し、盲学校・盲団体・点字図書館をはじめ、各福祉事務所に無料配布事業を行なっています。

デジタル製作事業

 IT時代の要請に沿うようデジタル録音製作をいち早くスタートさせました。この実績が評価され緊急雇用創出にて、図書館のカセットテープをデジタル変換にする事業を展開中です。また、漢字を自分の力で調べることのできる「漢字実用化辞典」を完成させました。

卒後教育支援事業

 ベトナム・ホーチミンのグェンディンチュウ盲学校で、「あん摩・マッサージ・指圧」のセミナーを開催(1998〜2002年)し、自立支援教育プロジェクトを展開しました。2003年には卒業生が治療院を開業し、自立支援プロジェクトは大きく第一歩を踏み出しました。日本の自立支援プロジェクトとしては、(株)小学館とヘルスキーパーの特例子会社「九段パルス」を設立し、企業内社員の健康維持の治療研究、パソコンによるカルテ管理・衛生のマニュアル書作成の指導を行なっています。盲学生の教育実習先としても提供しています。

教育支援事業

 112年の培われてきたノウハウを教育の現場で活用していただこうと、筑波大学理療科教員養成施設をはじめ、大学の生涯学習センターの非常勤講師として職員を派遣して日々自己研鑚に努めさせています。2003年には、卒後教育支援として「日本あん摩」の英訳版を完成させる他、海外の盲学校のカリキュラム支援として、衛生学・解剖学・生理学・あん摩の基本手技・臨床医学各論のテキストを完成させる予定です。

生活用具支援事業

 サインをしたいのに枠線が見えにくい、見えない等の理由で自筆行動が制限されている高齢者・視覚障害者のために、職員のアイデアで考案された「はみ出ん蔵」を生活用具として各点字図書館の用具部にて販売をお願いしています。

社会福祉法人桜雲会

 〒169-0075東京都新宿区高田馬場4-11-14-102

   TEL 03-5337-7866

   FAX 03-6908-9526 

 


歩  み

明治25年 東京盲校(現在筑波大学附属盲学校)の盲生同窓会として発足
明治35年 「実用解剖学」の点訳本を出版。同時に初めて点字図書館事業での貸出業務が開始
大正10年11月 東京盲学校同窓会を母体とする桜雲会点字出版部を発足。東京盲学校に事務所、出版所を設置
昭和 5年11月 社団法人認可
昭和27年 5月 社会福祉法人認可
昭和39年 4月 東京教育大学付属盲学校改築にともない高田馬場に移転。
昭和58年 3月 全国理療科教員連盟より感謝状を受く
昭和62年10月 全国視力障害者理学療法研究会より感謝状を受く
平成 5年 9月 東京都障害者雇用促進協会より感謝状を受く
平成 6年 3月 全国理療科教員連盟より感謝状を受く
平成10年 9月 改築完成にともない、電子図書部門発足
平成13年11月 創立110周年記念式典を行う
平成23年11月 創立120周年記念イベントを行う
平成27年 3月 橋豊治生誕120年記念祝賀会を行う

施設事業

 当会は、視覚障害者情報提供施設の中の点字情報の提供、視覚障害者の用具開発、海外交流・技術支援を中心に活動を展開する社会福祉施設です。

 1.情報事業 専門教育図書・教養書の点訳情報の提供
拡大図書の情報提供
月刊雑誌「鍼灸の世界」等の情報提供
県・市などの点字広報紙の提供
電話帳、点字図書館の目録の提供
駅・公園等の点字ピクト製作の提供
デジタル録音図書制作の提供
 2.研究事業 触察図譜の研究会を主催
「手で見る美術展」を開催
鍼の消毒の研究会を主催
ベトナムでのマッサージセミナーの主催
ルイブライユシステムプロジェクト(視覚補償機器の開発)
 3.補助事業 昭和49年(日本競馬協会)「医心方」鍼灸編の現代語訳と点字出版
昭和52〜53年(日本自転車振興会)明治以降の視覚障害者14名の伝記を点訳し、点字図書館・盲学校に配布
昭和55年〜62年(丸紅基金)医学図書NIMシリーズの点訳出版

一般財団法人日本宝くじ協会助成事業

昭和57年〜現在 『災害時に備えて』『交通安全のしおり』『地震安心読本』『視覚障害者のための安全家庭電気器具取扱読本』「視覚障害者のための救急読本」『視覚障害者のためのエチケット・マナー読本』『視覚障害者のための話し方読本』『視覚障害者のためのエイズ読本』『視覚障害者のための新興感染症と再興感染症』『街で白い杖を見かけたら』『視覚障害者と健常者が共に楽しめるスポーツ』『もし目が見えなくkなったら』『みんなで楽しく使える共用品』他を点字図書館・盲学校・福祉事務所・盲団体・各自治体に配布

昭和58年以降(日本児童教育振興財団)触察図譜を盲学校に配布
平成9年(日本財団)「あん摩・マッサージ・指圧」のベトナムセミナー5か年事業開催

競輪補助事業

平成16年 点字版『漢字納得熟語辞典』 製作・配布

平成19年 点字活字併記図書とCD版『自殺予防啓発のための本』の製作と配布

平成22年 拡大文字版と音声版『大きな文字の漢字の本』製作と配布

冠婚葬祭互助会補助事業

平成25年 点墨併記と音声CD『葬儀マナーとしきたり』製作と配布

平成28年 点墨併記と音声CD『みんなで学ぼう年中行事』製作と配布

東京都共同募金会助成事業

平成19年 点字版と音声版『物理療法学』製作と配布

平成21年 点字版と音声版『病証論』製作と配布

平成26年 点字版と音声版『点字使用者のための防災・防犯対策マニュアル』製作と配布

他、年賀寄附金、立川福祉基金、松翁会等各団体の助成事業を実施
 4.バスツアー

平成18年から

杉山検校の史跡を訪ねるバスツアー

盲賢人 塙保己一を訪ねるバスツアー

本居春庭の足跡をたどるバスツアー

点字新聞のルーツをたずねて                  

左近允孝之進の足跡をたどるバスツアー           

近代筝曲の父・宮城道雄の足跡を訪ねるバスツアー

斎藤百合生誕120年記念バスツアー

宇宙・地球・生命を訪ねるバスの旅               

地球史に触れる見学バスツアー

江戸期の盲学者 塙保己一の足跡をたどるバスツアー

 5.サイトワールド

   (企画展開催)

平成18年から

国際的に初めての「体表点字」体験会

体表点字装置のB-brll(ビーブル)の紹介と体験会

ヘレンケラーホンで体表点字の原理を体験しましょう

杉山和一を語る 視覚障害者福祉・教育の先達、日本鍼灸の管鍼術の開祖

漢字学習セミナー 今に伝わる両検校の偉業

ヘレンケラーホン・IPPITSUの体験会

江戸時代、二人の盲偉人の心 -塙保己一と杉山和一-

先人の業績と、これからのキャリア教育の展開

二人の盲偉人(杉山和一と塙保己一)を支えた人たち

ホシオ君と宇宙を楽しもう

茨城県自然博物館 ハートフルミュージアムがやってくる

障害を乗り越えた偉人たち

見えない・見えにくくなってきた人の自立型読書をサポートする-バリアフリー図書館へようこそ-

偉人を支えた女性の存在〜杉山和一と塙保己一の良き理解者とは〜

読書に障害のある人の自立生活を支えるアシスティブテクノロジー(AT講習会)

杉山和一と塙保己一 人材育成に力を注ぐ

伝える・感じるテクノロジー

杉山和一検校と塙保己一検校の顕彰活動〜新記念館の概要と顕彰事業について〜

 

役員等

理事長 一幡 良利
理 事 飯塚 和男
木村 愛子
甲賀 佳子
坂井 友実
橋 昌巳
監 事 小澤  司
引田 秋生

評議員

緒方 昭広
薩田 清明
清水 昭夫
道本 千衣子
長谷川 貞夫
丸尾 敏之
山下 仁

定款(PDF)